MENU

ブライトニングケアって何!?

ホワイトニングと混合されがちなブライトニングですが、この2つは全く違う意味になります。ホワイトニングは、肌を白くすることが目的のスキンケアで、いわゆる美白系コスメにと一般的には認知されています。

 

これに対して、ブライトニングは「肌の色を明るくすること目的」のスキンケアになります。

 

ブライトニングの「ブライト」というのは、英語で澄んだ・透明なという意味になります。つまり、年齢を取るごとに増してくる悩みともいえる肌のくすみを改善したい、肌に透明感が欲しい、肌のツヤや輝きが欲しい...

 

こういった目的のために使われるのがブライトニングケアコスメというわけですね!

 

そして今ノンケミカルのオーガニックコスメが最近注目されているというわけです!

 

 

肌を明るくするって一体どうなるの!?


 

ホワイトニングとブライトニングの言葉の意味の違いについて困惑されているとの事。
その言葉の由来を書きますね。

 

実はこの業界で「ホワイトニング」という言葉は美白効能表示と言われ、薬事法で定められた美白有効成分が規定量配合された"医薬部外品"でしか明示できない事になっています。
ところが最近は化粧品の規制緩和で、ビタミンCが医薬部外品よりも高濃度で配合された美白化粧品などが発売され、医薬部外品よりも美白効果が高いというちぐはぐな状況になってしまっています。
でも、いくら美白効果が高くても法規制によりホワイトニングという言葉は化粧品には使えず、やむを得ず「ブライトニング」という曖昧な言葉を誰が言い出すともなく使用するようになったという訳です。
ある意味、業界の苦肉の策とでも言いましょうか。

 

分かりやすいのは、化粧品の商品名で「○○ホワイトニング○○」というのは存在しない事で分かりますね。
必ず医薬部外品になっています。

 

ちなみに、もともとブライトニングという言葉は、ファンデなどでのメイク効果で肌色を明るくするといった意味で使用されていた言葉です。

 

とはいえ化粧品の容器や箱・パンフレットなど証拠の残るものに「ホワイトニング」と書いてしまうと薬事法の規制の対象になりますのが、なんとかこの言葉を使用しようとチープなメーカーでは、すぐに回収できるチラシやすぐに修正できるホームページなど、指摘されればすぐに対処できる広告にホワイトニングの文字が踊っていのがわかると思います。

 

業界初!ブライトニングケアコスメHANAオーガニック/ホワイトジェリー誕生!

すべてのくすみを積極的にケアできるよう漢方の処方を取り入れたホワイトケア美容液。ピリピリしない肌へのやさしさと透明感の手ごたえにごだわり、漢方の考え方に基づいて和漢植物をブレンド配合。

 

上質なオーガニック濃縮ローズウォーターとの相乗作用でホリスティックに働きかけ、低下した肌の免疫力を養い、炎症を多面的に抑えてくれます。

 

こんなシミの悩みのあるあなたにHANAオーガニック/ホワイトジェリーはオススメです♪

 

■老人性色素斑
シミの中でも最も一般的なもので、紫外線を浴び続けることでできるもの。
頬骨など日光が強く当たる部分からできる傾向にあり、30〜40歳代から目立ってきたり、大きくなってきます。
★美白効果のある化粧品や肌のターンオーバーを高める化粧品でのケアがおススメ。

 

 

■油漏性角化症
紫外線の影響がさらに蓄積して、表面がイボのように盛り上がったシミです。
表面は岩のようにゴツゴツしていることも。茶色や黒のほか、肌色のものも。
★美白効果のある化粧品ではなかなか効果が出にくいかもしれません。
さらに悪化しないよう日々のケアをしっかりとすることも大事です。

 

 

■そばかす
遺伝的なシミで、10代のころから鼻中心にちいさなシミが散らばるようにできる。
よく見るとシミのひとつひとつが三角や四角い形をしているのが特徴。
★美白化粧品での効果はあまり期待できないと言われています。

 

 

■炎症性色素沈着
ニキビや傷、虫刺されなどの跡が茶色いシミとなって残ったもの。
時間がたてば消えるものですが、肌をこするなどの刺激を受け続けたり、
紫外線を浴びることでシミとして残ることもあります。
★ターンオーバーを活発にすることが大事ですので、新陳代謝を高めターンオーバーを
促す効果のある美白化粧品がおススメ。

 

 

■肝斑
頬骨のあたりに対称にできる、もやもやとした薄い茶色や灰色のシミ。
30〜40歳代の女性に多くみられます。女性ホルモンのバランスが乱れることで現れ、
妊娠中やピル服用中、更年期の人にできやすくなります。
★病院などで処方される薬を服用するなどの治療の他、
ホルモンバランスを整える作用のある精油などを用いた化粧品もおススメ。

 

 

■花弁状色素斑
皮がむけるほど強い日焼けをした後にできるシミで、ひとつひとつが花びらのような形をしています。
★皮膚科での治療が一般的。

このページの先頭へ